ハイリスクハイリターン!最高にスリリングな投資先

ハイリスクな投資

投資には様々な種類があります。
ハイリスクハイリターンな商品もあれば、リスクを極力抑えて安定運用するためのものもあります。
ハイリスクな投資としてはFXやオプション、CFD、株式投資の信用取引などがあります。
これらの金融商品では、投資したお金の全額を失ってしまうリスクもありますが、取引に成功すれば大きな利益を出すこともできます。
安定運用するような投資では味わうことができない、最高のスリリングを体験することができるでしょう。

FXの中にも比較的安定した値動きをするドル円のような通貨もあれば、一度動くと数円単位で動くポンド円のような通貨ペアもあります。
取引する通貨によって流動性リスクも異なり、値動きに特徴があることも覚えておきましょう。
流動性リスクのある通貨ペアはハイリスクですが、動きを読むことができロスカットに巻き込まれなければ、ハイリターンを得ることもできます。

バイナリーオプション取引もハイリスクな金融商品ですが、FXと違って元金以上の損失が生まれるリスクがない点は、慣れていない人でも安心して取引ができるでしょう。
ただし短期間にたくさんのオプションを購入すれば、資産の全額を失ってしまうこともあります。
投資先を選ぶ手段としては、普段からなじみのあって値動きを読みやすい通貨ペアに投資すると良いでしょう。
また、国内のバイナリーオプションは開催期間を2時間以上開けなくてはならないので、海外の数秒で結果が出るようなものと比較すればハイリスクではありません。

株式取引も現物であればリスクは低いのですが、たくさん銘柄がある分、投資先を選ぶのが難しいかもしれません。
株式投資での利益は配当や差金決済取引益があります。
普段から利用している会社を応援するのも良いでしょう。
日本株の場合は取引時間が決められているので、スリリングな思いをするのは市場が開いているときだけで、常にチャートとにらめっこをしている必要はありません。

難しい株式投資は必ず投資上級者になってから行う

自宅のパソコンやスマートフォンを使って取引をする人も多くいますが、インターネットの発達によって私たちは簡単に情報を取得することができるようになりました。
一昔前に比べたら情報を取得するスピードは格段にアップしましたが、それでも株式投資ではプロとアマでは決定的な差があります。
それが情報が入ってくるスピードです。
私たちが普段閲覧しているニュースには証券会社が発信しているものも多くありますが、リアルタイムな情報は先にプロに伝わり、それをもとに記事が作成されます。
そのためニュースを読むころにはプロたちが取引をしてしまっていますので、絶好のチャンスをつかむことが難しいのです。

情報の差を埋めるのが経験や研究による予測です。
そのため株式投資は投資上級者のほうが向いており、経験が足りない人にとってはプロとの差が大きい金融商品なのです。
投資上級者は複数のマシンを利用した取引環境を構築しているケースも多く、機材への投資も必要です。
最高の環境を作ろうと思えばきりがありません。

一方世界の経済指数などは全世界同時に発表されますので、プロでもアマでもほぼ同じタイミングで情報を取得することができます。
そうした意味では情報に差がない分、取引に慣れていない人でも向いているのがFXなのです。
それでも値動きには特徴があります。

スリリングな体験をしたいのであれはレバレッジも高く設定すると良いでしょう。
しかしハイリスクハイリターンは何度も成功するとは限りません。
大切なのは将来も取引に参加できるだけの資産を残しておくことです。

リスクを取りすぎて投資資金の全額を失ってしまえば、それを取り戻す機会もなくなってしまいます。
このような取引は投資ではなく、投機です。
継続した取引ができるような投資スタイルを確立することが、長く投資を続けるコツでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

2017.11.14

投資信託を購入してみたが大損してしまったという場合には、泣き寝入りするしかないのでしょうか。 ここで、「泣き寝入りする」というのは文学的な…

ページ上部へ戻る