投資信託選びで絶対にしてはいけないこと

バツの手

投資信託は、初心者向けの投資商品として認識されており、自分では投資を行う知識や技術が無い人に利用されていることが多いです。
すなわち、投資信託は、投資の熟練者ではなく、初心者に好まれている商品ということができます。

では、このような初心者に多く利用されている投資信託では、してはいけないことはあるのでしょうか。
初心者は、株などの金融商品でディーラーなどからとくにだまされやすいのです。
そのあたりをまずは気を付けなければいけません。

初心者は、商品についての知識は無く、また、その他の制度についても全く知らないことが多いのです。
そのことにつけこんで、金融機関や証券会社は、なんとか大金をむしりとろうと躍起になっています。
親身に相談に乗ってくれていると勘違いしているだけで、実際は口座から多くのお金を引き出そうと巧みなセールストークをしているにすぎないのです。

しかし、このようなセールストークを真に受けてしまい、ディーラーの言うとおりにしてしまうケースが非常に多くあります。
これでは、初心者投資家が儲かるはずもなく、潤うのは金融機関や証券会社ということになってしまいます。
彼らの仕事は投資家を潤わすことではなく、自分たちが手数料により儲けることが仕事なのです。
このような取引はウィンウィンの関係が望ましいのですが、初心者相手だとどうしても業者側のみが儲けを得てしまうという残念な結果に陥ってしまいます。

ですから、絶対に相手の言いなりになってはいけません。
最初から大金を引き出そうとしてくる投資信託は絶対に断りましょう。
そのような投資信託を選んでは損をするのが目に見えてきます。
では、投資信託の選び方について説明します。

まず、自分で投資信託を選びます。
相手から言い寄ってくる話においしい話はないと考えてください。
向こうから寄ってきてすぐに契約してはいけないのです。
契約をする前に最低限の知識を得ることをおすすめします。

初心者には初心者に合った投資信託を

初心者は、まずは少額の資金で投資信託を行った方がいいでしょう。
最初から大きな額をかけて、さらにハイリスクハイリターンの商品を狙ってしまっては、ただ資金を金融機関にかしているだけということになってしまいます。
それを避けるために、まずはローリスクローリターンの商品を低額の資金で運用することにしましょう。

最初のうちは儲けなんて考えなくてもいいのです。
銀行預金よりちょっと利息が付いた程度に感じるだけでいいのです。
小さい成功体験を得るとともに、その間投資について勉強をしていけば、今後もっと上手な投資方法にたどりつけることでしょう。

ですから、最初の時点で余裕資金を全額はたくのではなく、まずは低価格で挑戦してみましょう。
低価格で商品を購入することで、運用している間に投資信託が合うか合わないかを判断することができます。
合うという結論に至ったら、今後も投資信託を考えてもいいでしょう。

投資信託をやるきっかけとして、金融機関から誘いのコンタクトがあったことの他に、インターネットを閲覧していて、広告からサイトに入り込んだ時に、投資信託に興味を持つケースがあります。
しかし、投資に関するホームページでは、アフィリエイト目的で運営しているサイトが多く、サイト内容を信じ込むのはとても危険な行為だということを認識してみましょう。
顔の見えないネットの世界ですから、サイト運営者は好き放題書いています。

そこに何も責任は問われないので、過大広告も盛りだくさんに含まれていますので要注意です。
特に初心者では、サイトを見た瞬間、こんなに儲かるならすぐにやらなくてはと急いでしまうので、まずは批判的に読み進めて判断を急がないことが重要です。
このように、サイト内容を信じ込むのではなく、良識な知識を蓄えることが必要なのです。

関連記事

ピックアップ記事

2017.9.17

投資を行う際の方法の1つに投資信託の購入があります。 現在、商品としては数千の投資信託が販売されており、購入をする際に選定に迷ったり、販売…

ページ上部へ戻る