株式投資は株主優待という楽しみ方もある

株主優待で得した夫婦

株式投資というと、一昔前までは「株で全財産を失った」とか「株は怖いから素人が手を出しちゃいかん」などという悪しきイメージを持たれている時期もありました。
しかし、人々が株式投資とは何かを理解し、インターネットなどの普及も相まって、個人投資家がこぞって株式市場に参入しつつあります。

株式投資とは、その名が示す通り、上場している企業の株式を購入することを意味します。
購入する価格は、その時々の市場価格であり、日々変動しているのが常と言えます。

したがって、購入した価格よりも売却した価格の方が手数料・税金を差し引いても高ければ利益となります。
ここが株のおもしろいところでもあり、慎重にならざるを得ないところでもあるのです。

さらに、株式投資には面白い利点がふたつあります。
ひとつ目は、権利確定日において、企業が相応の利益を出していれば、株主総会の決議によって、配当金が株主に還元されます。

これも投資をする妙味であり、今期の配当はいくらだろうと期待するのも、株を持つ楽しみ方のひとつです。
ふたつ目は、ご存知の方も多いかと思われますが株主優待です。

国内に上場企業は約3,700社ほど存在し、そのうちの約1,300社ほどが実にさまざまなかたちで株主優待を行っています。
株主優待は配当金とは異なり、現金を還元するものではありません。
それが商品券であることもあれば優待券、企業の取り扱う商品の詰め合わせや割引券など、非常に多岐にわたっています。
優待券や割引券などは、その企業の提供するサービスや商品が極めて有利な価格で購入できるため、ユーザーにとってのメリットは非常に大きいと考えられます。

このように、株主優待は、何らかの形で株主に商品等を提供するという点で、ふるさと納税に似た特徴があり、多くの株式を保有すればするほど、多くの株主優待が受けられ、株式投資をするうえでの楽しみ方を倍増させることにもつながります。
日本の企業が株主優待を行うのは、株主優待で個人投資家を抱え込み、企業同士の株式の持ち合いを防ぐ意味があるのかもしれません。

いずれにせよ、株主優待によって株式投資への魅力が高まり、個人投資家が持っていたかつての悪しきイメージを払しょくさせた点で、株主優待の果たす役割は極めて大きいと考えられます。

おもしろい株主優待券とは

株主総会で承認された配当金よりも、株主優待券をもらう方がうれしいという人の方が多いと言われています。
それは、企業側が、株主優待という日本ならではのシステムを利用し、株主の心をつかんでいるからだと思われます。

なかには、こんなおもしろい株主優待券がありますのでご紹介しましょう。
それは名古屋鉄道の優待券です。
この企業は、南知多ビーチランド、犬山モンキーパーク、リトルワールドなどの遊行施設を持ち、子どもたちやファミリーに楽しんでもらえるような仕組みづくりを行っています。

そのため、一定株式を保有する株主には、4名が無料でこれら施設のどこにでも入場できる優待券が送られます。
それも、鉄道の無料乗車券とあわせてです。
それに加え、名古屋鉄道グループの百貨店の割引券まで付いており、老若男女を問わず人気がある企業のひとつです。

また、誰もが知っている大型スーパーマーケットのイオンは、株式の保有数に応じて現金での還元を行っているほか、割引券と同様の機能を持つオーナーズカードを提示すれば、グループ内店舗での割引があり、毎日の買い物などの際、非常にお得感が実感できます。
その他にも、企業の中には、幾つかの商品の中から、株主が好きなものを選択できるカタログギフトを贈呈するセレクトシステムを採用しているところや、〇〇カード何千円分が贈られるといった配当金に近い楽しみを与えてくれるところもあるのです。

さらに、金融機関のなかには、預金利率を一定分だけ上乗せするところまであるなど、株主優待の楽しみ方はまさに千差万別です。
人に個性があるように、株主優待にもオリジナリティがあるところが見逃せない点と言えます。

多くの個人投資家が株式市場に参入するようになりました。
この株主優待というシステムがより一層普及し、多くの企業が投資家にもっと喜んでもらえるよう努力してほしいと多くの人が考えていることでしょう。

関連記事

ピックアップ記事
投資関連のブログを閲覧する男性

2017.7.12

投資信託というものは、投資家が預けたお金を投資の専門家が運用してくれるものですので、日々の生活において自分で投資運用状況などを見る時間はない…

ページ上部へ戻る